パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

PC悩み解決.com

PCのトラブル

大事なデータを守るためのバックアップ

更新日:

大事なパソコンのバックアップをしていますか?万が一パソコンが故障した時にバックアップ(データの保存)をしておかないと大事なデータが全て消えてしまうのです。そんな悲惨なことにならないように普段から大事なデータはこまめにバックアップしておくことをおすすめします。バックアップについて初心者の方にもわかりやすいように説明していきます。

目次

バックアップとは?

・パソコンのバックアップとは

パソコンを使用する上でバックアップをするということは非常に重要です。パソコンの故障というものは前触れもなく突然発生するので、重要なデータなどをコピーして別の媒体に残しておくことがありますが、それをバックアップと呼びます。

・パソコンのバックアップについて

パソコンに詳しい人からよくパソコンのバックアップを取れと言われることがあるかと思います。

パソコンのバックアップとは一体何のことなのでしょうか。バックアップとはパソコンで作成したファイルなどのデータを外付けのハードディスクやCD-RやDVD-Rなどのメディアにコピーをとって保存しておく事です。外部に保存しておく事でパソコンが故障しても大切なファイルをすぐに復元する事ができます。

大切なファイルを失わないための保険のようなものなので面倒でも小まめにバックアップを取っておいたほうが安心です。

・コピーを取ることもバックアップ

パソコンはバックアップを取って置く事が大事という事が良く言われますが、パソコンのバックアップとは、パソコンのハードディスクに記録されている文章や画像や音声データのコピーを、別の媒体に取って置く作業の事を言います。

・面倒でも万一の時に慌てないために

パソコンが故障してしまったり、ウィルス感染などによってそのまま操作することが不能となった場合などに備えて、データやファイルを別のメモリー(記憶媒体)に保存しておくことをいいます。

現実の生活でも写真や個人的な文書、時間やお金をかけて収集してきたコレクションなどは一度失ったら手に入れることが困難であるのと同様、パソコン上のデータやファイルでも、そういった情報が万一失わてしまった時の為に別に保存して対策しておくのです。データは日々更新されていきますので、バックアップも定期的に行うことが望ましいです。

・いつトラブルが起こっても安心

パソコンはいつトラブルに見舞われるかわかりません。一度パソコンにトラブルに見舞われるとそれまでに蓄積されていたデータが消失する可能性があります。それを防ぐためにパソコンのデーターをパソコンのハードディスク以外の外部の記憶媒体にデーターを記憶させておくのがパソコンのバックアップです。

・絶対に欠かせないいざと言う時の備え

バックアップとは、PCに保存されるデータや現在の状態そのものの予備の保存です。データの場合はただ単にコピペするだけでもいいですが、PCの状態の保存のためにはOSのバックアップ機能を使う必要があります。

・突然の寿命でも復元できれば安心

どんなにパソコンが詳しく機械に強い人でもパソコンの寿命は読めないものです。どんな名医でも100%患者の死期を予測するのが不可能なのと一緒です。

しかしパソコンではバックアップを取っておけば今までのデータを取り出すことが可能です。バックアップといってもわざわざ記憶媒体に落とすだけではなくインターネットがつながっていればストレージサービスなどで自動的にバックアップを取ってくれるサービスがあります。

どんなものにも寿命がきますがそれを復元できれば良いわけです。

・作った文章をほかに保存

パソコンのバックアップというとすごく難しくて大変なことのように思う人もいらっしゃるかもしれませんが、バックアップで一番重要なのは消えてしまってはまずいものを複製してほかの所に置いておく、ということです。ですからパソコン全体をバックアップしなくても作った文章などを外付けハードディスクに保存するだけでも十分バックアップになります。

・パソコンのバックアップはとても大切

パソコンのバックアップとは、そのパソコンの大切なデータを別のところにも置いておくことです。パソコンの操作ミスやその他様々な原因で、予期せぬデータ破損が起こった際に、こまめにバックアップをしておけば、消えてしまったデータを復元することが出来るので、パソコンを使う上でとても大切なことです。

・バックアップは大事なファイルを守る為

パソコンを持っているならバックアップは絶対にしておくべきです。

しかし、中には何をバックアップしたらいいか分からない方もいるでしょう。そんな時は、もし今パソコンが使えなくなったら何が困るかを考えてください。パソコンに保存している写真・動画・音楽や大事なファイル等です。使えないと非常に困るという物をバックアップしましょう。

万が一パソコンが壊れても何の不安も感じない状況が作れたらバックアップは完了です。未知の事態に備えてバックアップだけはやっておきましょう。

目次に戻る

バックアップする理由

・バックアップはいざという時に助かる

パソコンのバックアップを取る必要性は、もしパソコンが壊れたり不具合を起こした時に、初期化して修理する時に、データーが消えてしまうのを防ぐ役割があります。バックアップを取っていれば初期化しても、データーが元通りになり助かります。

・バックアップを取るとデータを守る事が出来る

一般的なパソコンの記録媒体であるハードディスクは、小型でありながら大容量のデータを記録する事が出来ます。しかし乍らハードディスクと言うのは、振動や衝撃にとても弱い物であり、故障してしまう事があるのです。そうなるとハードディスクに記録されているデータが消えてしまう恐れ事があるので、前もってハードディスクのデータのコピーを別媒体に取って置く必要があります。これがバックアップをする理由の一つです。

・パソコンのバックアップはファイルを守る保険

せっかく作成した画像や文字資料などのファイルがある日突然消えてしまうことを防ぐためです。もし、パソコンぬ不具合が起きて、データへのアクセス不可能になってしま右可能性は常にあります。データはもちろん、作成に要した時間は取り戻せませんから、そうなってからでは泣くに泣けません。代えの効かないデータは、保険のためにバックアップしておかないとヤバイです。

・不意のパソコントラブルに対処するために

パソコンと使っている以上はトラベルはいつおこるか分かりません。パソコンのトラブルにあってしまえば、パソコンに蓄積されていたデーターはまず消失してしまう可能性が高くなってしまいます。そのデーターの保護の為にパソコンのバックアップという作業が必要となるのです。

・PCプログラムは壊われやすいのでバックアップ

パソコンというのは仕組みが非常に複雑で、どのような不具合が起きるのか分かったものではないというリスクが常に付きまといます。どうにもならないトラブルが起きた時、バックアップがあればそこから直接復旧したり、復旧出来なくとも貴重なデータが消えずに済むのです。

・大切なデータほど必要なのがバックアップ

特に大切なデータでなければ、いちいち保存しません。消えてしまっても構わないからです。しかし大切なデータほど、厳重に保管しなければなりません。それだけではなくて、バックアップもしておく必要が出てくるのです。そのほうが確実に安全です。

・PCの操作性が悪くなったためバックアップの上リカバリ

私が直近でPCのバックアップを行ったのは、PCの操作が徐々に重くなっていると感じたからです。ざっとデータやファイルを確認すると、もう使わなくなったもの・不要なものが結構あったことと、自分では気づかないうちにウィルスを拾ってきているのではと思いました(もちろんウィルス対策ソフトは搭載済みですが…)。必要なデータとファイルをバックアップした上で、リカバリCD-ROMでPCをインストールしなおし、バックアップしておいたデータやファイルをダウンロードしました。結果、操作性は大変良くなり快適になりました。

・パソコン故障時、バックアップをとっていないと大惨事

私がパソコンのバックアップをとる理由は、パソコンの故障に備えてです。パソコンというもの、突然前触れもなく故障することがあります。(私のパソコンも1年前に突如故障しました)その時データのバックアップをとっていないと大惨事になるので、パソコンのバックアップは必要なのです。

・パソコンのバックアップをとっておく理由

バックアップとは、大事なデータをパソコンの中とは別に保存しておくことです。主にUSBメモリやDVDディスクに書き込んでおくことが多いです。これは万が一パソコンが壊れてしまったり、調子が悪くなって初期化を行うことになってしまった場合、全てのデータは削除されてしまうからです。その為、自分で作成した文章や各種のデータ、メール、取り込んだ写真などを別に保存しておくことで、初期化を行った後にまたパソコンに戻すことができます。また常に更新しているようなファイルは定期的にバックアップをしておくと、新しい状態のものを残しておくことができます。

・パソコンの故障に備えるため

パソコン購入後に後からアプリケーションのソフトを追加しているとだんだん起動時間が長くなってきます。その状態で使用し続けていると突然フリーズして動作しなくなってきます。そのときに初期化すると再起動できる可能性があるので、最初に購入した時点から必要なソフトをバックアップしていないと消えてしまうためにしておく必要があります。

目次に戻る

バックアップのやり方と必要なもの

・パソコンのバックアップに必要となるメディアとは

パソコンのデータを別に媒体に残しておくことをバックアップと呼びます。このバックアップ先のメディアとして代表的な物を挙げると外付けハードディスクドライブや外付けSSD・USBメモリ・ブルーレィディスクやDVDなどがあります。これらのメディアの性質を知ることで最適なバックアップ先を見つける必要があるのです。

・とにかく大容量のHDDが必要になる

パソコンのバックアップというのは状態丸ごと保存するもので、Cドライブだけに絞っても少なくとも数十ギガが必要になります。それだけの容量を保存するとなると、やはり外付けでも内蔵でもいいので大容量のHDDにバックアップ専用の場所を作っておくことです。

・パソコンのデータのバックアップについて

パソコン全体のデータのバックアップには、外付けのHDDを使います。1TBのものなら8000~9000円、2TBのものなら11000~13000円で売られているので全体バックアップ用に外付けのHDDを一つは持っておくといいと思います。また、数GB~数十GBくらいのデータであればUSBメモリーを使ってバックアップを取るのもいいと思います。

・パソコンのバックアップの作成方法

パソコンのバックアップの方法「個別のフォルダやファイル」と「パソコン全体」の2種類に分かれます。

「個別のフォルダやファイル」のバックアップをする場合は必要なデータのみをコピーして、バックアップ先にペーストするだけ大丈夫です。そして、「パソコン全体」のバックアップを作成する場合は、OSごとに用意されたバックアップ作成機能を利用することで作成することが出来ます。

・「バックアップと復元」という迷う余地のないページ

Windowsの場合、コントロールパネル→システムとセキュリティ→バックアップと復元

でバックアップのページにたどり着けます。そこでバックアップの設定を決めたり手動で開始したりできます。この画面に入る前に、バックアップ用のHDDは用意して繋いでおきましょう。

・外付けハードドライブを利用してバックアップ

一般的なバックアップを取る方法は、外付けハードドライブを買ってきて、それをUSBポートに接続して、必要なファイルなどをドラッグして外付けハードドライブにドロップして保存します。外付けハードドライブにドロップしたらバックアップは完了です。

・ノートPCバックアップにおすすめのHDD

必要なものはハードディスクです。お薦めはポータブルタイプのHDDです。据え置き型もありますが場所を取るためポータブルで十分でしょう。TranscendのTS1TSJ25M3が7000円程度で性能も良くお勧めです。

目次に戻る

まとめ

バックアップとはパソコンのデータやファイルをメディア(DVD・HDDなど)保存することです。

バックアップを取っておけば、万が一データやファイルが破損して使えなくなっても元の状態に戻すことができます。バックアップは面倒ですがこまめに取っておくことをオススメします。

他にもバックアップは、パソコン故障や買い換えたりするときに別のメディアに保存しているので、そのメディアからデータやファイルを取り出すことも可能です。メディアに保存することで大事なデータやファイルを守ることができるのです。

バックアップに必要なものはメディア(USBメモリー・DVD・HDDなど)で、容量の少ないデータやファイルをバックアップするのであればUSBメモリー・DVD等で保存はできますが、パソコンをまるごとバックアップするとなれば大容量のHDDが必要です。容量の目安としては1000GBあればまるごとバックアップできます。

簡単にバックアップするのであれば外付けHDDがオススメです。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-PCのトラブル

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.