パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

PC悩み解決.com

目指せPCマスター

今更聞けないけど知りたい!CPUとは?

更新日:

パソコンのパーツで頭脳と呼ばれるCPUですが、CPUとは一体どのような役割を持っているのか?どんなものを選べば良いのか?初心者の方にもわかりやすいように詳しく説明していきます。

目次

パソコンのCPUって何?

パソコン関係の雑誌などを見ているとよくCPUという言葉を目にすることがあると思いますが、この言葉があまりにも普通に使われていて今更聞くことができないと思っている方も多いのではないかと思います。

パソコンのCPUとは簡単にいうと車で言うエンジンのようなものです。1300ccの車より1500ccの車のほうがパワーがあるようにパソコンもcore i5のものよりcore i7のパソコンの方が作業を処理する能力が高いのです。

CPUはIntel社の物の他に色々な会社から発売されているのでどちらの能力が高いかわかりにくいと思いますがインターネットなどで検索するすると処理能力はすぐにわかると思います。もしメモリやHDDの容量、など他の条件が同じであれば一般的には価格が高いものがより能力が高いと思われます。

パソコンのCPUについて

パソコンのCPUって、いったい何のことだと思いますか?普段はあまりパソコンに触れないかたには、聞きなれない言葉かと思います。

分かりやすく例えると、人間でいうところの頭脳にあたる部分です。すごく重要な部分ですね。

日本語に訳すと、中央演算処理装置といいます。名前からも想像がつくかと思いますが、マウスやキーボードからの信号を計算や処理したりする部分です。なのでパソコンでは特に重要な部分といっても過言ではありません。

この部分の数値が低いと、計算や処理能力が劣ってしまいます。

具体的に言いますと、計算が遅かったり、なにかの処理作業をするときに時間が掛かってしまいます。なのでパソコンを選ぶときには、非常に重要な部分と言えます。ご購入の際には気をつけて選びましょう。

CPUとはパソコンの頭脳

CPUとは、パソコンに必ず搭載されている小さな部品で、人の頭脳的存在です。

マザーボードに取り付けて使用し、周辺機器からデータを受け取り、処理や命令をだしてくれる存在です。

CPUを製造しているメーカで有名なのは、IntelとADMです。CPUの性能は数字が大きいほど性能も高いです。販売されてる物は商品名で分けられてます。

それともう一つ重要なものがコア数です。

コア数も数が多いほど処理能力が速くなります。CPUにも寿命がありますが出来るだけ長く使用するには熱対策が必要です。

冷却用のクーラーがついてますが追いつかない時があります。家の温度やほこり、タバコなどパソコンの外から影響を受けてしまうほど精密な製品です。

パソコンの頭脳を司る重要なCPU

パソコンを使うに当たって、一番重要なのがパソコンの頭脳を司っているCPUです。

このCPUの性能によって、パソコンの能力が決定づけられています。

CPUの性能は一度にどれだけの処理を実行できるのか、という点で決まっています。

一度に処理できる量が多ければ多いほど、難しい処理もスムーズにこなすことができますし、簡単な処理であれば短い時間で済ますことが可能となります。

CPUは一つの部品で複数のCPUが動いているように振る舞うこともできますので、そうした機能もついている場合には平行して様々な処理をこなすことができ、さらに性能が良くなります

。動画の閲覧などは裏でかなりたくさんの処理が動いていますので、メールを書くくらいにしか使わない、というのでなければ出来るだけ良いCPUを選ぶと良いでしょう。

CPUはパソコン全体の性能を左右する重要なパーツ

CPUとは日本語に直すと中央処理装置になります。

その名前が示すとおりパソコンのHDD・SSDといった記憶媒体への読み書き、記憶媒体からメモリへ展開されたデータの処理をはじめとする、パソコン全体で行われる計算や処理を行う心臓部となるパーツです。

その為、CPUの性能がパソコン全体の性能を左右するともいえるほど重要なパーツです。

敷衍すればCPUの性能が良ければよいほど、パソコンはより大量のデータを高速で処理することができますので、それに合わせるようにフリーズやシークなどの動作も減り安定した動作が見込めます。

選定のポイントとなるのは基本的にはクロック数と呼ばれるMHzで表記される数値です。

この数値が多いほどデータの処理時間が短時間で終了することになります。

しかしながら現在のCPUの処理スピードは、クロック数の限界や内部構造が複雑に伴い単純にクロック周波数の違いで測ることはできません。

その代表がコア数になります。コアとは CPU の中心部分であり、実際に処理を行うところです。

10年ほど前からCPUは1つのCPUの中に複数のコアを備えるようになりました。

コアが複数存在すると計算処理を分担して並列処理することができるため、クロック数が低くともコア数が多ければ同等かそれ以上の処理速度を発揮することができます。

CPUは優れているほど良く働きます

CPUとはパソコン内では一番重要であり、人間で言う所の頭脳に当たります。

頭脳が優秀であれば人間は良く動く事が出来るのと同様に、CPUの性能が良ければ良いほど快適に動作します。

ですが逆にCPUの性能が低いと、動作が遅かったりしてまともに作業してくれません。

また、CPU選びを重視してその他を適当に選んではならない事も頭に入れておかなければいけないと思います。

CPUが頭脳ならば、PCケースは身体であり、マザーボードや電源ユニット等は内臓に当たります。CPUと他の部品には相性があり、合う合わないがあってCPUの性能のみを重視してパソコンを選ぶのはナンセンスです。

なので、先ずはCPUを選び、そこから相性の良い部品を選ぶ事をお勧めします。

また、CPUは性能が良ければ良いほど発熱し易いです。

つまり、人間で言う所の高血圧になり易いと言う欠点があるので、CPUファン等にも気を遣ってCPUとパソコン内部の温度を出来るだけ低く保つ様にしないと、壊れ易い事に注意が必要です。

CPUの果たす役割

パソコンのCPUは、メモリーやハードディスクと同じくらい大切な部分です。

分かり易く言うとプロセッサーとも呼ばれています。人間でいえば頭脳と呼ばれるところと同じ機能を果たしています。

CPUはマウスやキーボード、ハードィスク、メモリーなどの計算をしたり、処理をしたり、制御や命令までも行う大事な部分です。メーカーでいうとインテルが1番身近だと思うのでインテルの性能を使って説明したいと思います。

インテルではセレロン、コア2、コア3など色々出ていますが、ごく一般的にはセレロンは人間でいえば1人の人が1人で色々な仕事をするのがセレロンで、それに対してコア2は2人の人が分担して色々な仕事をしているということになります。

ですから、セレロンとコア2では性能が違うために値段に差がでてきてしまう訳です。

CPUの役割と、CPUの選択方法について

CPUは日本語では中央演算装置と呼ばれており、パソコンの頭脳にも例えられるパーツです。

その働きは演算処理を主に行い、メモリーに記憶されたプログラムを実行しているのです。当然ですがCPUの性能が高ければ高いほど処理能力に優れていて、様々な複雑な処理も短時間で終わらせることが可能になります。

しかし、CPUは高性能になるほど高価になることから、インターネットやオフィスソフトといったCPUの性能が低くても問題ないソフトを中心に利用するならば、エントリーモデルのCPUでも十分な性能を発揮してくれます。

ただし、動画編集や一眼レフカメラのような画素数の大きな画像の編集、3Dゲームのような高度な演算処理を要求するソフトを使用する場合には、コア数の多いCPUを選択した方が良いと思います。

まとめ

CPUとはプロセッサーと呼ばれていて、簡単に言うと「頭脳」です。

CPUの性能が高ければ高いほど高速処理できるので、人間が頭の回転が速いのと同じです。

CPUはセレロン、コア2、コア3などありますが、セレロンは人間でいえば1人で色々な仕事をするということ、それに対してコア2は2人で分担して色々な仕事をするということです。

高性能なCPUほど高価なものになりますので、ゲーム・画像処理をあまりしないのであれば、そんなに高性能なCPUは必要ありませんが、動画編集や一眼レフカメラのような画素数の大きな画像の編集、3Dゲームのような高度な演算処理を要求するソフトを使用する場合には、コア数の多いCPUを選択した方が良いです。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-目指せPCマスター

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.