パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

PC悩み解決.com

目指せPCマスター

これだけ知ればデスクトップPCマスター

更新日:

デスクトップパソコンはどんなことに向いているのか?メリット・デメリット、使用目的、種類、選び方を知りたい!という方や、初心者の方にもデスクトップパソコンの特徴について詳しく説明していきますので、あなたもデスクトップパソコンをマスターするための知識をつけましょう!

目次

デスクトップパソコンのメリット

・性能とサイズで色々な事が自由自在にできる

デスクトップパソコンの最大のメリットは、その高い性能です。

空間に余裕があり冷却で有利ということは、仮にCPU性能が同じならばモバイル用よりも高いパフォーマンスを発揮可能なのです。

またパーツ交換での性能の向上や故障の修理が比較的簡単なのはもちろん、内部を掃除するのも相当楽に出来ます。

・デスクトップパソコンのメリットについて

現在デスクトップパソコンとノートパソコン両方を所有しており、両方を使っています。

かれこれ両タイプのパソコンを使い続けて15年以上ですが、全体的にデスクトップパソコンの方が細かい故障が少なくて長持ちするパターンが多いです。

ノートパソコンの寿命は大体5年前後の事が多いので、それに比べると7年ぐらいは軽く持ちますので耐久性においてはデスクトップの方が優れているのだと感じています。

・デスクトップパソコンは画面が大きいのが最大のメリット

デスクトップパソコンの最大のメリットと言えば、それは画面の大きさだと思っています。

画面が大きいおかげで、小さな文字や図形もはっきりと読み取る事が出来、ウインドウを複数起ちあげて作業が行えますので、作業がスピーディーに行えてとても快適です。

また動画を見る場合も、画面が大きいおかげで迫力のある動画を見る事が出来、テレビで映画を見るような楽しさを味わえるのが素晴らしいです。

・知識さえあれば拡張性の高さに感動できる

デスクトップパソコンのメリットを一つ挙げるとすれば、好きなパーツを追加できることです。

例えば、データの保存容量が少ないと感じたらハードディスクを追加することによって解決できます。

パーツの数を増やしたことによって供給電力が足りなくなれば、電源を新調してしまえば事足ります。

自分だけの一台を作りたい場合にはうってつけです。

・さあやるぞ、とスイッチを切り替えてみる

デスクトップパソコンというのは、重い計算を行うための性能があるものです。

スマホやノート、タブレットというのは寝そべったり持ち歩いたりしながら使えるものの性能はそれなりです。

なので使い分けるならばデスクトップ=重いゲームや作業、それ以外=そうでもないものという風になります。

これを利用して、デスクトップパソコンに向かう際「さあやるぞ」と気持ちのスイッチを入れるのにも使えるのではないでしょうか。

・高性能で静音性に優れたパソコンを安価で入手出来る

パソコンは同じ性能ならば小さいほうが高価になります。

これは主にパソコン内に発生する熱に対する対策のコストからくるものです。

スペースに余裕があればパソコンを構成する熱を産する部品の配置を密集させなくてすみますし、廃熱する為のファンも大きなファンをゆっくり回しても充分な廃熱量を確保出来ます。

ファンはゆっくり回したほうが静音性が高くなります。

よって、ある程度の大きさが確保出来るデスクトップパソコンは、高性能で静音性に優れたパソコンを安価で入手出来るというメリットがあります。

・外に持ち歩かない人はやっぱりデスクトップパソコン

やはり、ノートと比較すれば大きくて場所を取ります。そして持ち運びが難しい。コンパクト感がないということです。

しかし今はスマホやiPadなどがあるのでコンパクト感はそちらに任せて、自宅ではドーンと大きなデスクトップパソコンを。

まず大画面でテレビや映画も視聴できるというところ。文字も大画面なので見やすく家族でも使用可能だと思います。

それから最近のデスクトップパソコンはデザインがよくお部屋のインテリアにも溶け込める要素があると思います。

・自分の好きなようにカスタマイズできるのが良いです

デスクトップパソコンをもう10年以上使用しています。

何といっても自分の好きなようにいじれるところが好きです。

モニターやキーボードをネット通販や店頭で見ながらあれこれと選んでいる時はとても楽しいです。

そしてこれだ!と思った組み合わせで机に鎮座しているのを見ると、何とも言えない自己満足感を覚えます。

自分は多分これからもずっとデスクトップパソコンを使用し続けると思います。

・パソコンの拡張といえばデスクトップパソコンです

初めてパソコンを購入してからもうすぐ20年位経ちます。その当時からずっとデスクトップパソコンを使用しています。

ノートパソコンの方が高額だと言う理由もありますが、仕事等で外出先でパソコンを使用しない事や画面の大きさ、キーボードの大きさ等の理由でデスクトップパソコンを使用しています。

パソコンを拡張したい場合等でもノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が断然扱い易いと思っています。

・デスクトップの魅力は、やはり大きい画面

デスクトップパソコンはなんといっても画面が大きいのが利点です。

作業スペースが広がって、あれやこれやとソフトを使っている時や、動画編集時には特に捗ります。

また、キーボードが別についているので、打鍵しやすく、使いすぎて文字が消えてきた時にもすぐに交換することができます。

ラップトップでもキーボードを繋ぐこともできますが、キーボードが2つあることへの違和感が拭えきれません。

というようにデスクトップパソコンのメリットは、高性能でさらに自分でカスタムが出来る拡張性(メモリー、ハードディスクの増設など)があることと、画面の大きさが魅力的です

さらにパーツごとに交換できるので、キーボード・マウスなどが故障しても各パーツごとに買い換えれば良いので修理代が安く済むことがメリットです。

目次に戻る

デスクトップパソコンのデメリット

・デスクトップパソコンは家専用機と思って使っています

デスクトップパソコンはパソコンを使って作業するぞという時に使うことが多いです。

ちょっとした検索だと、スマートフォンやタブレットで十分間に合うからです。

メモリ増設や機能拡張でデスクトップパソコンだと使い方に広がりを持たすことができますがそれなりの知識が必要となってきます。

その点スマートフォンやタブレットだと、指で触れるだけでなんとなく感覚的に使えてしまえます。

これからのデスクトップパソコンは仕事用やディープな使用者用としての道を進んでいくのではと感じています。

・設置予定場所に置けなかった

デスクトップパソコンのデメリットは設置場所が必要であると言う事です。

最近はデスクトップパソコンにも小さくておしゃれなモノもありますが、私が購入したのは無骨で大きなパソコンでした。

パソコン本体は机の下に置けるだろうと目測で購入したのですが、持ち帰り実際に置こうとすると机の下にある突起物に干渉して置くことが出来ませんでした。

そう言うわけで、現在、机の脇に設置してますが、かなり邪魔で時々足を引っかけたりしています。

デスクトップパソコンを購入する際には設置場所を良く検討してから購入したほうが良いと思います。

・持ち運べないというデメリット

近年登場したスマホやタブレットパソコンというのは、計算能力や拡張性こそデスクトップパソコンに劣りますが「どこでにでも持ち運んでいつでも気軽に使えるパソコン的万能デバイス」という現代のライフスタイルの根幹部分を形成するものにまで至りました。

デスクトップの最大のデメリットは、まさにその持ち運びも手軽さもない所にあります。

・場所をとるので困ります

デスクトップといっても、仕事で使う場合は本体を足元に置くことが多いです。

ディスプレーとキーボードを置いて書類を広げたら、本体を置く場所が無いからです。

事務机の足元に置くと、いつも足とぶつかります。右に置くか左に置くかも悩ましいところです。

もっと薄いとか小さいとかだといいのですが、それなりのサイズなのでカバンと一緒に置けません。

夏はちょっと足元が熱いような気もしたし、掃除の際にホコリが被りそうで、それも気を使いました。年に2階の害虫駆除の時は、薬を撒くので本体を新聞紙でぐるっと覆ったこともありました。

・デスクトップパソコンのデメリット

デスクトップパソコンのデメリットはなんと言っても設置スペースの大きさで携帯性がない。以上の点だと思います。

家の中で設置した以外の場所でパソコンを扱うことは出来ません。

パソコンを使おうとすると、設置した場所に行って、パソコンの前に座って操作することになります。

他の部屋、ましてや家の外の場所、カフェなどでパソコンを扱うことはできません。

・デスクトップパソコンの難点は動かせない事に尽きます

私がデスクトップパソコンを使っていていつも思うのは、動かせたら良いのになという事です。

いつもデスクトップパソコンの前に居られればいいのですが、何かと忙しいのでそういう訳に行きません。

デスクトップパソコンは移動が出来ないので、外出中はパソコンで作業できなくなります。

ですからその間作業を進める事が出来ず、仕事の進行が遅れてしまうのです。

デスクトップパソコンは色々と優れた点があるものですが、動かせない事が玉に瑕だと言えます。

・デスクトップパソコンを使う上でのデメリット

私はデスクトップパソコンとノートパソコンの二つを利用していますがデスクトップパソコンのデメリットは何と言っても持ち運びが出来ないということです。

能力的には圧倒的にノートパソコンを上まっていても持ち運んで作業できないので出先で作業することができないことがとても不便です。

また高性能のデスクトップパソコンは大きさも大きいことが多く場所をとることも良くないと思います。

・デスクトップパソコンの1番のデメリット

私がデスクトップパソコンを1年使用してみて1番のデメリットだと思うところは携帯性に乏しいということです。

ノートパソコンならば簡単な作業を茶の間でテレビを見ながらおこなったりできましたが。

デスクトップパソコンは場所が固定されているのでそのようなことができません。

・とにかく大きくて重たいデスクトップパソコン

デスクトップパソコンのデメリットとしたらやはり、「大きくて重たい」でしょうか。

そしてかさばる。パソコン置いたら机がそれで占領されてしまいますし、どけるのも重たくて大変で、持ち運びするためのものではないのですが、「こっちの部屋へ持っていけたら良いのに…」って思うことが多々あります。

・デスクトップパソコンが不便な時

私はデスクトップパソコンとノートパソコン、タブレットを持っています。

一番性能が良く、画面が大きいのはデスクトップパソコンです。

ですが、デスクトップパソコンを立ち上げるためにはパソコンデスクまで行かなくてはならず、逆にノートパソコンやタブレットはリビングや外出先でも使うことができるので、どうしてもデスクトップパソコンを使う頻度は下がってしまいます。

ネットやメールなど大抵のことはスマートフォンでもできてしまうので、持ち運べないというのがデスクトップパソコンのデメリットだと思います。

というようにデスクトップパソコンのデメリットは、大きくて持ち運びができない、場所が固定されるので設置場所に困るというのがデメリットです

デスクトップパソコンは家庭用・もしくは職場用として使うことです。

目次に戻る

デスクトップパソコンの使用目的

・デスクトップパソコンはタフで安定感があってパワフルが最適

デスクトップパソコンは、ノートよりタフで壊れにくいです。

しかも安定感もあり、ノートと比べるとトラブルも少ないです。また、大容量でパワフルで、スピード感も抜群に高いです。

以上の三つの理由により、仕事でパソコンを使う時には断然デスクトップが適しています。

私はデスクトップパソコンを主に、

1.仕事の為

2.動画を見る為

3.音楽を聴く為

デスクトップパソコンは仕事でもプライベートでも頼りになる存在であり、私にとっては欠かせない良き相棒となっています。

・デスクトップパソコンでできること

基本的にデスクトップパソコンでは

1.クラウド的なもの

2.ブログ

3.検索

4.ネットサーフィン、ブログを読んだり

を主流にしています。デスクトップパソコンはやっぱり打ちやすいので好きです。これからもずっと使い続けます。

・エンタメ昨日もセットでスペック選び

1.家族がみんなで利用できるロビングにふさわしい大きなモデルを選びます

2.機能はできるだけ盛りだくさん、TVチューナーなども付いたモデルがベスト

3.動画や画像を溜め込むためにメモリーも基本的には大きな方がよい

・負荷の大きい計算ならデスクトップ一択

強力な電源を搭載可能かつ冷却性能に優れたデスクトップパソコンは、やはり重い作業の代表である動画編集・エンコードや最新のゲームなど、計算の負荷の大きい事をやるのに向いています。

座ってじっくりやるような事は、デスクトップ一択でしょう。

・長時間使用するならデスクトップが快適

1.長時間の文字入力を行うとき。ノート型だとキーボードの位置や角度を調節できないため常に同じ姿勢となり疲労がたまりやすい。デスクトップだと姿勢をちょっと斜めにしたり背もたれに寄りかかったりできる

2.DVDの視聴。ノート型はDVDドライブが自分の目の前にあり動作音を感じやすい。タワー型のパソコンを机の脇に設置すれば格段に気にならない

3.3Dゲームを楽しむ。ノート型ではキーボードが狭くアクション性の高いゲームでは操作がしづらい。大きな画面で楽しめるデスクトップ型が快適

・デスクトップPCを使用する目的

1.好きなアーティストのPVを観賞するためです。ノートPCの画面では味わえない臨場感を体感することができます

2.部屋のインテリアとして使用します。iMacのスタイリッシュなデザインが、部屋をスタイリッシュな印象に変えてくれます

・デスクトップパソコンで作業をしたくなる時とは

1.大きな画面で作業をしたい時

2.文章の打ち込みをする時は、デスクトップのキーボードの方がキーが打ちやすいです

3.処理の重たい作業をする時は、デスクトップの方がスペック高いので楽です

・デスクトップパソコンの使用目的

1.テレビ機能付きのパソコンなので、テレビを視聴したり録画したりするのに使います

2.書類を作製するときに使います。手書きの書類でも、下書きにパソコンを使うことが多いです

3.スマートフォンに音楽を入れる時に使います

・デスクトップパソコンの使い道

1.メールの送受信(プロバイダメール、フリーメール)に使用

2.家計簿ソフトにより家計管理

3.インターネットサイト閲覧

4.オンラインゲームは携帯ではなくパソコンでしている

5.描画ソフトとペンタブレットによる描画及び写真の画像編集

6.Skypeによる通信も、携帯ではなくパソコンを使用

などデスクトップパソコンの使用目的は、デスクトップパソコンならではの高性能ということです。

さらに文字が打ちやすい、さらに大きな画面で動画やゲームを楽しむことができるという目的が多いようです。

目次に戻る

デスクトップパソコンの種類

・タワー型デスクトップPC

タワー型デスクトップPCはサイズは大きいですが、ハイスペックパソコンです。さらに拡張性も優れており、ビデオ・グラフィックカードやサウンドカードなどカスタムも可能。HDD・メモリー増設などがしやすく後からカスタムがしやすいのが特徴です。上級者向けのデスクトップパソコンです。

・省スペース型デスクトップPC


省スペースデスクトップPCは一般的なデスクトップPCです。タワー型と比べると性能は劣りますが、メモリー・HDDの増設は可能です。カスタムには向いていませんが安定しているスペックが多いので、パソコン初心者の方にはおすすめなデスクトップパソコンです。初心者~中級者向けのパソコンです。

・一体型デスクトップPC


一体型デスクトップPCはその名のとおり本体と画面が一体型になっているパソコンです。省スペース型と違いモニターと本体を接続する必要はありません。見た目もオシャレなものが多く場所も取らないので人気のデスクトップPCです。ただし、一体型なので故障した時が不便で、メモリー・HDDの増設などが難しいパソコンです。

・キューブ型デスクトップPC

キューブ型デスクトップPCは、コンパクトな設計で性能も省スペースと同じくらいのデスクトップPCです。キューブ型は一般的なPCとは異なり、変わった雰囲気のデスクトップで大きさもコンパクトでいろんなデザインがあるので、インテリアとしておくこともできます。

デスクトップPCにもいろんな種類がありますが、あなたの使用目的にあったデスクトップPCを選ぶことをオススメします。

目次に戻る

デスクトップパソコンの選び方

・デスクトップパソコンを選ぶ時の注目点

デスクトップパソコンを選ぶ時にはまず価格を見ています。仕事で使うものであれば本体のみの値段が6~7万程度のものを選んでいます。

そして、信頼できるメーカーのもので予算内で購入できるものを選んでいます。

その後にオプションでOfficeソフトを入れるかどうか、CPUやHDDなどの選択、もし本体の色を選べるのなら自分の好きな色を選択しています。

・CPU・グラボ・メモリを意識してBTOで注文

私はPCゲームで頻繁に遊ぶので、デスクトップパソコンを選ぶ時はCPU・グラフィック・メモリの性能を意識して選びます。

そして購入する時は、近所の家電量販店ではなく、PC専門店のオンラインショップのBTOで購入するようにしています。

BTOなら予算を考慮しながら自分好みのスペックで組めるのが良い点ですね。せっかくデスクトップパソコンを買うなら拘りたいと思うのが当然だと思います。

・デスクトックパソコンに必要なのはメモリとビデオカード

私がデスクトックパソコンを買うときに重視するところ、それはメモリとビデオカードです。

私はよくパソコンで西洋のパソコンゲームをするのですが、この手のゲームはメモリとビデオカードに力を入れたパソコンでないとまともに動かすことが出来ません。

なので私は、メモリとビデオカードの充実したパソコンを買うのです。

・エンタメ機能がポイントになります

我が家の場合、デスクトップパソコンの購入時のポイントはエンタメ機能です。

スマホやタブレットと異なり、大画面で家族でいっしょに楽しむ前提なので、動画再生能力や画像を綺麗に見せる液晶、音楽ソフトていうところがポイントになります。

・テレビの代わりとしての利用が大前提

我が家はリビングがさほど広いわけでもないのでデスクトップパソコンを買うのであれば、どうしてもテレビ機能の充実がポイントです。

録画がどれだけできるかといったスペックまできちんと気にしないと購入後に困ります。

・私のデスクトップパソコンの選び方

私のデスクトップパソコンの選び方で重視する点は拡張性と性能のバランスです。

デスクトップは拡張性が高いことから後からパーツを交換することで性能を向上させることが出来るので、無理にハイスペックなパソコンを買わずに、必要とする性能を有するパソコンを購入します。

・デスクトップパソコンは形状がまずは第一のポイント

デスクトップパソコンや購入する際の最初のポイントはまずは形状です。

パソコンとモニターが一体型のパソコンにするのか、パソコンとモニターが別のモデルなのかが大きなポイントです。置くスペースと好みの問題によるところが大きいと思います。

・モニターの大きさが大きなポイント

デスクトップパソコンを購入する際には持ち運びが前提ではないためリビングで大きなモニターで楽しもうか、それとも書斎の人利用で楽しむかということでモニターの大きさが1番大きな問題になります。

いずれにしてもノートパソコンと同様のモニターの大きさではデスクトップパソコンの意味はないと思います。

・エンターテイメント機能がどこまで必要かが見極め

エンターテイメント機能がどこまで必要かが見極めになると思います。

書斎で仕事用として使うのであればテレビチューナー等は必要ありませんがリビングで家族共用で使うのであれば地上波デジタルのチューナーなどが必要になると思います。

・拡張機能をどこまで備えているかを事前に調べておくことが大事

拡張機能をどこまで備えているかを事前に調べておくことが大事です。

なぜなら、ノートパソコンとは違いハードな使い方も想定されるのでグラフィックボードの追加やメモリの追加が簡単にできるかどうかがポイントになってくるからです。

目次に戻る

まとめ

デスクトップパソコンの最大のメリットは、ハイスペックなパソコンが多いことです。

タワー型デスクトップパソコンならカスタムに向いていて、グラフィックカードやサウンドボード、さらにメモリー・HDDの増設がしやすく拡張性に優れています。

デスクトップパソコンのデメリットは大きくて簡単に持ち運びができないということです。

それ以外はノートパソコンよりコストも低くハイスペックなパソコンが多いので、アプリなどたくさんインストールして使う場合はデスクトップパソコンの方が良いということです。

一般のデスクトップパソコンならある程度のカスタムもできて(メモリー・HDD増設など)ハイスペックなパソコンにカスタムすることが可能です。

デスクトップを主に使う理由として、やはり高性能というところです。

低コストで高性能といえばデスクトップパソコンです。パソコンに詳しい方はデスクトップパソコンを使っている人が多いでしょう。

ノートパソコンはコンパクトな分コストが高くなってしまいますが、デスクとノートで同じ性能でもノートがどうしてもコストがかかりますので、低コストで高性能ならデスクトップパソコンをオススメします。

デスクトップパソコンを選ぶ理由としてやはりハイスペックなところで、グラフィックボード・サウンドカードなど増設して高画質な大画面で動画・映画・ゲームを楽しめる。キーボードが打ちやすく文章作成がしやすいということです。

さらにデスクトップパソコンにはテレビチューナーなどもついているものもあり、テレビを楽しむこともできるのです。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-目指せPCマスター

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.