PC悩み解決.com

パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

目指せPCマスター

今更聞けないけど知りたい!HDDとは?

更新日:

パソコンのパーツのハードディスク(HDD)というものがあります。ハードディスクとはパソコンのデータ・ファイルを保存するために最も大事な記憶装置です。ハードディスクについて初心者の方でもわかりやすいように説明していきます。

目次

パソコンのHDDとは?

パソコンのHDDとは簡単にいうとパソコンのデータを記憶する部分です。

なので、ここの容量が多いほどパソコンにより多くのソフトをインストールすることができますし、写真や動画などを保存することが可能になります。昔は2gbほどあれば十分でしたが最近は写真なども綺麗になり一枚のデータ容量が増えたのでハードディスクの容量も1tbや2tbないと足りないことが多いと思います。

当然ながら動画のファイルはもっとたくさんの容量がありますので動画を沢山保存したい場合はもっとたくさんのHDDの容量が必要となってきます。もしパソコンのHDDが足りなくなっても現在は外付けHDDを購入することで誰でも簡単に容量を増設することができるようになりました、値段もどんどん安くなり2tbで一万円もあれば購入することができます。

全てのデータが収められる重要な場所

windowsなどのOS、ソフトウェア、画像に音楽に動画、ゲームなど。PC上で走るならばそれらは全てデータやプログラムであり、それら全てが収められるのが記憶装置=ハードディスクです。

現在、ハードディスクには大きく分けて円盤型の磁気記録装置のHDD(ハードディスクドライブ)とフラッシュメモリを用いるSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類があります。

従来からあったHDDは比較的安価で大容量ながらも機械的な機構のために衝撃に弱く故障の可能性があり、SSDは読み込みが凄まじく早い一方書き込み回数の上限=寿命があり高価、という違いがあります。併用する場合はCドライブにSSD、データ用にHDDというやり方が一般的でしょう。

また、外付けの記憶装置も小容量のUSBメモリやSDカードがフラッシュメモリ、大容量のものが磁気ディスクのHDDです。

ハードディスクはパソコンに重要な部品です

ハードディスク(以下、HDD)は、パソコン(以下、PC)の主要部品の一つです。パソコンを動かす基本ソフト(OS)やエクセル・ワードのようなソフト・ソフトで作成したデータを保存するために使われます。

HDDには、2種類あります。PCの内臓タイプと外付けです。

外付けタイプは、主にデータの保存に使用されます。PC本体に内蔵されているHDDの容量が不足したり、データのバックアップのために使用されます。HDDが壊れてからのデータの普及には多額の費用が発生しますので、データのバックアップは必須です。

HDDの容量と価格は、ほぼ比例しますので容量の選択は慎重に検討することが大切です。また、メーカーも多くあり、自分のPCに接続できるかどうかも含めて専門家に相談されることをお勧めします。

ハードディスクの役割・選び方

パソコンのハードディスクとはパソコンのデータを保存するパーツに該当します。

メモリーもパソコンのデータをハードディスよりも高速で読み書きすることが出来るのですが、メモリーの場合はパソコンの電源を切るとメモリー内のデータも消えてしまうので、ハードディスクが補助記憶として使用されています。ハードディスクの選び際には記憶用量と回転数に注意しています。

自分が最低限必要とする容量を持つ商品を選ぶのは当然ですが、価格を容量で割って1GB当たりの価格の安い商品を選んでいます。

価格や容量と共にディスク回転数も明記されていますが、高速な程ハードディスクが読み書きする速度が速くなりますが、発熱量や駆動音が大きくなることから標準的なスピードで構わないと考えています。

パソコンのハードディスクについて

パソコンのハードディスクとはそのパソコンがきちんと動作するために必要なプログラムやOS、自分が作成したファイルなどのデータを保存しておくための記憶装置のことです。

金属製の筐体の中に磁気ディスクが入っていて、磁気ヘッドのついたアームがデータの読み書きを高速で行っています。ハードディスクを選ぶ際には取り付けるパソコンにあったサイズとインターフェースを選ぶことが重要で、サイズは現在のパソコンなら3.5インチか2.5インチのどちらかがほとんどです。

大きさを間違えると、取り付けることが出来ないので気をつけましょう。インターフェースは現在のパソコンならほぼシリアルATAで大丈夫でしょうが、少し古いパソコンならATAやSCSIの場合もあるので確認が必要だと思います。

サイズとインターフェースに問題が無ければ後はハードディスクの容量と回転数、キャッシュメモリのサイズあたりを確認して予算と相談しながら決めていけば良いと思います。

まとめ

パソコンのHDDとは簡単にいうとパソコンのデータを記憶する部分で、PC上で走るならばそれらは全てデータやプログラムであり、それら全てが収められるのが記憶装置=ハードディスクです。

HDDには2種類あり、PCの内臓タイプと外付けに分かれます。外付けタイプは、主にデータの保存に使用されて、PC本体に内蔵されているHDDの容量が不足したり、データのバックアップのために使用されます。HDDが壊れてからのデータの普及には多額の費用が発生しますので、データのバックアップは必須です。

価格や容量と共にディスク回転数も明記されていますが、高速な程ハードディスクが読み書きする速度が速くなります。

金属製の筐体の中に磁気ディスクが入っていて、磁気ヘッドのついたアームがデータの読み書きを高速で行っています。ハードディスクを選ぶ際には取り付けるパソコンにあったサイズとインターフェースを選ぶことが重要で、サイズは現在のパソコンなら3.5インチか2.5インチのどちらかがほとんどですが購入する前にしっかり確認することが重要です。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-目指せPCマスター

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.