PC悩み解決.com

パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

目指せPCマスター

今更聞けないけど知りたい!メモリーとは?

更新日:

パソコンのパーツでメモリーがありますが、メモリーとはパソコンの処理を一時的に保存するパーツです。メモリーのことをよくわからない方や、パソコン初心者の方でもわかりやすいように選び方など説明していきます。

目次

パソコンのメモリーとは

メモリーとはパソコンの記憶装置の一つで、ハードディスクよりも高速にデータの読み書きが出来ます。

ハードディスクからプログラムやデータを一時的に読み込み、パソコンの頭脳であるCPUと直接データのやりとりを行います。高速である反面、一時的にしかデータの記憶が出来ないので電源を切ると記憶していたデータは消えてしまいます。パソコンで作業したファイルを保存するというのはメモリ上のデータをハードディスクに書き出す作業とも言えます。

メモリーを選ぶ際にはまずパソコンの規格やインターフェースにあったメモリーを選ばなければなりません。

ここで間違えるとせっかく購入したメモリーもパソコンに装着することが出来ません。取説の仕様書をきちんと確認しておきます。規格とインターフェースを確認したら次は容量の選択ですが、容量は大きくてもそれほど困ることもありませんから、予算が許すなら容量の大きなものを選んだ方がいいと思います。取り付けの際には、メモリーは静電気に弱いらしいので十分に放電してから作業した方がいいです。

パソコンのメモリーについてさらに詳しく

パソコンに関する話題をしていてたまに「メモリーが多い」「メモリーが足りない」などという言葉を聞いたことがありますよね。

そんなあなたの疑問にお答えします。メモリーとは、パソコンの中で情報を一時的に記憶しておくための部品です。いわば、作業台のようなものですね。なにかのソフトを起動する場合、メモリーという作業台の上に物を広げて作業しているのです。

メモリーが多いというのは作業台が広くなって作業がしやすい、いくつも物を広げても問題がないということ。逆にメモリーが足りないというのは作業台のスペースがすぐに満杯になってしまって他の作業ができなくなる、ということです。メモリーはパソコンに何かの作業をさせる上でとても重要なものなので、選ぶ上で参考にすると、使い勝手がぐんとよくなりますよ。

メモリーでどんなことができるのか?

メモリーとはそのものずばり記憶する部品のことをいいます。

メモリーは2つに分けると読みと書きが両方できるラムという部分と読み出し専用のロムがあり、一般的にメモリーというのはパソコンのラムのメインのメモリーのことをいいます。データとかプログラムを記憶する部分のことです。

分かり易くいうと机の上で何かの宿題をしているとして、辞書を調べたり、教科書を調べたりするその机に相当します。このメモリー(机)この場所が狭いと仕事がやりずらく、はかどりません。メインのメモリーも同じです。

なのでメモリーが大きいほど処理速度が速いのは当然ともいえる訳です。最近は最初から4GB入っている物が多いですが、メモリーは大きいほど仕事ははかどるということです。4GBで2時間かかるものなら、8GBあると1時間ですむという訳です。

一度に多くの作業をするならば追加を

メモリーという単語からデータを格納する場所と誤解する人がいますが、PCにおけるメモリーとは「作業のために『一時的に』データを展開する場所」です。よく作業用机に例えられます。

以前はメモリ追加で速度上昇、などと言われたものですがそもそもメモリとは追加しても速度が上がるようなものではなく、拡張することにより一度の作業量を増やした場合の速度低下を防ぐ効果があるだけです。

ブラウザで多くのタブを開く、ペイントで多数のレイヤーを扱う場合などには大容量のメモリーを搭載するのが好ましいでしょう。なおメモリーを新たに購入したい場合には、自分のPCで使えるものかどうか規格をよく確認すべきです。使えないメモリを挿した場合、PCが起動しなくなりますので。

パソコンのメモリ―の役割・選び方

パソコンのメモリーとはCPUをパソコンの頭脳に例えるならば、メモリーはCPUが作業する机の広さに相当するものです。

CPUの性能がどんなに高くても作業する机のスペースが小さくては効率的に仕事を行うことが出来ないので、CPUの能力を活かすことが難しくなるのです。私がメモリーを選ぶ際に最も注意している点は品質です。

メモリーは有名メーカーからノーブランドの商品まで様々な種類が販売されていて、同一規格・同容量の商品でも価格が大きくことなっている場合があります。

購入時に価格を優先したくなる気持ちは分かりますが、価格の安いノーブランドのメモリーは品質にもバラつきがあり、大切な作業をしている時にパソコンがフリーズしてしまう危険性があるので、私は有名メーカーの商品を選択するようにしています。

まとめ

メモリーとはパソコンの記憶装置の一つで、ハードディスクよりも高速にデータの読み書きが出来ます。

メモリーとは、パソコンの中で情報を一時的に記憶しておくための部品で、分かり易くいうと机の上で何かの宿題をしているとして、辞書を調べたり、教科書を調べたりするその机に相当します。

ブラウザで多くのタブを開く、ペイントで多数のレイヤーを扱う場合などには大容量のメモリーを搭載するのが良いです。

CPUの性能がどんなに高くても作業する机のスペースが小さくては効率的に仕事を行うことが出来ないので、CPUの能力を活かすことが難しくなるのです。メモリーを選ぶ際に最も注意している点は品質です。

メモリーは様々な種類が販売されていて、同一規格・同容量の商品でも価格が大きくことなっている場合があるので、あなたのニーズにあったメモリー選びをすることが大事です。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-目指せPCマスター

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.