PC悩み解決.com

パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

目指せPCマスター

今更聞けないけど知りたい!OSとは?

更新日:

パソコンを使っていてよく聞くのがOSというものです。OSとはオペレーションシステムというもので、WindowsやMacを動かすためのものです。パソコンを使うためのいわゆる心臓みたいなものです。OSについて初心者のかたにもわかりやすく説明していきます。

目次

パソコンに搭載されているOSとは

パソコンにはOSというものが搭載されています。

では、OSとは一体何なのか、その謎について解明します。まず、人間には手、耳、目、足、頭があります。それを動かすには、意思が必要です。その意思こそが、パソコンでいうところのOSにあたります。

パソコンで文字を入力する、ホームページを見るためにブラウザを動かすという指示、そのどれも人間でいうところの意思がこめられています。

人間に多種多様な人格者がいるのと同じように、OSにも様々な種類があります。LinuxMac、Windows...etcつまり、OSとは人間の人格そのものを、パソコンで表現しているのに過ぎないということです。

パソコン上で全ての管理を司るプログラム

OSとはオペレーティングシステムの略で、パソコン上の最も基本となるソフトウェアという言い方をよくされます。

ではOSは具体的にどのように働いているのでしょうか。OSは、CPUやGPU、メモリ、ハードディスクにマウスキーボードといったハードウェア情報をインターフェイス化して使用する人間とアプリケーションに提供し、そこで入力され帰ってきた情報をハードウェアに送るという事をやっています。

別の種類のOS用のアプリケーションが起動できないのは、そもそもこの情報が読み込めないためなんですね。逆に言うと、OSの種類が同じならば別のパソコンでも同じアプリケーションが使える、と言うことでもあります。また、データ通信の管理や外部に接続された機器の管理もパソコンの中では主にOSが司っています。

そんな広い性質から「基本的」という言われ方をするのです。

身近なプログラムの正体を徹底解説します

オペレーティングシステムという言葉を聞いたことがある方はいらっしゃるかもしれませんが、そもそも何を指すのかということについてまで言及するように指示されたら口ごもってしまうのではないでしょうか。

結論から言ってしまいますが、オペレーティングシステムというのはパソコンでいうところのOSにあたるものなのです。

日常生活や仕事の作業を便利にする表計算ソフトなどは、OSがなければ動いてくれることはありません。基本的な選び方についてですが、一般的に使われているいわゆるデファクトスタンダードのものを求めるのなら家電量販店に並んでいるものを選択するのが妥当です。

一般企業や家庭でよく使われるので、操作しやすいからです。

とりあえずボタンを押せば動くのはOSのおかげ

本体の電源ボタンを押下すればモニターに起動画面が表示されますし、あらかじめ決められた操作を行うことによってパソコンへの通電がストップします。

これらの事象が発生する契機になっているのは、他でもなくOSが正常に作動しているからに他なりません。

OSが行えることとしては、電源やメモリなどいわゆるハードウェア全般の動作制御です。つまり何となくボタンを押すことによって作業できているけれどもなぜパソコン内で処理が行われるようになっているのかという疑問は、OSが関与しているからということが答えになります。

基本的なソフトウェアですからあまりお金をかけたくないのであれば、いわゆるリナックス系のものを選択すると良いです。

パソコンのOSの選び方について

パソコンのソフトなどを買おうとするとよくパッケージに対応OSって書いてあります。

このOSとは何の事かというと、オペレーティングシステム(Operating System)の略称で、パソコンのハードウェアを管理操作したり、アプリケーションが使うリソースを管理やファイルの管理など、本来複雑なコンピュータの操作をユーザーに使いやすいようにするための基本ソフトウェアのことなのです。

OSには幾つかの種類があります。もっとも有名なのはWindowsです。その他にもMacに搭載されているOS Xや各種Linuxなどもあります。スマホに搭載されているiOSやAndroidもOSになります。ちなみにMacは標準機能でWindowsをインストールすることができます。

OSの選び方ですが、ほとんどの場合購入するパソコンに初めから入っているOSを使うので、自分の気に入ったパソコンがあるのならそのパソコンに搭載されているOSで良いですが使いたいソフトウェアやハードウェアがあるのなら、それらがきちんと対応しているのかを確認する必要があります。

パソコンのOSの役割・選び方

OSとはパソコンのソフトウェアの1つで、基本的な管理や制御といった機能や、多くのソフトウェアが使用する共通した機能などを実装した、パソコン全体を管理しているソフトウェアです。

具体的には、キーボードやマウスなどが入力された情報を、アプリケーションに伝える役割を果たしたりしていて、身の回りにある家電製品や産業機器などにもOSが入っています。

現在、パソコンのOSを選択する際に気を付けなくては最新版であることです。

OSは新型が販売されると終わりという訳でなく、エラーを修正するなどアップデートが日々行われています。しかし、旧型のOSとなるとエラー修正のサポートが終了してしまう場合があるので、最新版のOSを導入を考えないといけません。

まとめ

OSとはオペレーティングシステムの略で、パソコン上の最も基本となるソフトウェアという言い方をよくされていて、人間には手、耳、目、足、頭がありますがそれを動かすには、意思が必要でありその意思こそが、パソコンでいうところのOSにあたります。

日常生活や仕事の作業を便利にする表計算ソフトなどは、OSがなければ動いてくれることはありません。基本的な選び方についてですが、一般的に使われているいわゆるデファクトスタンダードのものを求めるのなら家電量販店に並んでいるものを選択するのが妥当です。

OSが行えることとしては、電源やメモリなどいわゆるハードウェア全般の動作制御です。つまり何となくボタンを押すことによって作業できているけれどもなぜパソコン内で処理が行われるようになっているのかという疑問は、OSが関与しているからということが答えになります。

自分の気に入ったパソコンがあるのならそのパソコンに搭載されているOSで良いですが使いたいソフトウェアやハードウェアがあるのなら、それらがきちんと対応しているのかを確認する必要があります。

OSは新型が販売されると終わりという訳でなく、エラーを修正するなどアップデートが日々行われていますが、旧型のOSとなるとエラー修正のサポートが終了してしまう場合があるので、最新版のOSを導入を考えないといけません。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-目指せPCマスター

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.