パソコンの悩みやトラブルの原因・対策や解決方法を初心者にもわかりやすいように説明していきます!

PC悩み解決.com

PCのトラブル

PC操作の重い原因についての解決方法

更新日:

今回書かせて頂いた記事においては、PC操作を行ううえで生じるある程度の重さの原因を解決していくやり方やその条件などについて触れた内容になっています。そしてなるだけ簡潔明瞭な文体になるよう、分かり易さを意識するようにしました。

目次

コンピューターOS毎による対応のやり方の違い

大抵のコンピューターユーザーの方が使用されているPC端末本体のOSは、WindowsもしくはMacですので、それらの場合について考えていく必要があるものと考えられます。

そしてそれらにおいての操作方法のあり方がある程度異なりますので、このため、この記事では、これらのコンピューターOSの場合での操作のやり方について、なるだけ簡潔に述べていきたいと思います。

また、さらにそれらの各OSのバージョン毎による操作方法や環境設定の違いなどもありますので、これらの点に関しても概要について簡潔にかつ分かり易く書かせて頂きます。

ある程度の専門用語なども出てきたリするかもしれませんが、その点はどうかご容赦を願いたいと思います。

WindowsOSの場合について

このWindowsOSに関しては、この記事を読まれたりしているみなさんのの中にも、あのMicrosoft社による開発OSである事をご存知の方も少なくはないのかもしれません。

そして、現在多く使用されているOSは7(セブン)、8.1、10(テン)の3種類のバージョンが主流ですので、今からそれらの場合について共通的な解決法について述べてみます。これらのWindowsシリーズの場合には、重たい原因としてはメイン画面上に張り付けているタスクを開きっぱなしなどが良く見受けられたりするような傾向があります。

このため、一旦これらの貼り付けたタスクを消去したうえで、再起動などをさせたりするような工夫が大切です。

とくに、7の場合に多い感じがありますので、タスクではなくなるだけお気に入りのカタチとして保存をするよう心掛ける事がのぞましい感じがします。

MacOSの場合について

このMacOS自体も、OS-XやOS-X-LION、BookProなどという様々なバージョンがあります。

そしてやはり、それぞれのバージョン毎において弱干、対応操作方法の違いというものがありますので、これらについて今から触れてみます。

まずはOS-X-LIONの場合ですが、セーフブートを実施させて余計なキャッシュを消去し、データ容量を確保していくという方法があります。Shiftキーを押しながらMacOSを起動させるだけですので、とても簡単です。

次はOS-XとBookProの場合についてですが、この場合には今話したセーフブートの操作方法を行ったうえで、NVRAMのリセットを行います。

先程のOS-X-LIONに比べてこれらの両者は旧式のOSバージョンですので、これを行う必要性があるかもしれません。

Macのシステムを全て終了させてから再起動をさせて、そのうえでcommand+option+P+Rの4つのキーを同時に押し、起動音が2回するまで押し続けます。

そして音が2回したらキーから押し手を離して終了です。

まとめ

結論としての、総合的な解決法のまとめのあり方

WidowsとMacそれぞれでのコンピューターOSでの解決方法について述べてみましたが、やはり如何に無駄なデータを閉じていけるかが大きなポイントであるといえるかもしれません。

ただそれだけの事ですが、これが両者でのコンピューターOSでの場合においての共通課題といえるものであり、大きなここでの問題というものは、やはりそれぞれでのOS上における操作方法のやり方の違いに他なりません。

一昔前に比べると、このような解決法においての操作方法のあり方というものはかなり扱いやすくはなりましたが、それでも中々解決が困難な場合とかがあったりしますので、中々気が抜けない面が多い現状などは否めないといえます。

レクタングル300




レクタングル300




サイトマップ

PC悩み解決.com

サイト内の詳しい情報はサイトマップでご確認下さい。

PC悩み解決.comサイトマップ

レスポンシブリンク




-PCのトラブル

Copyright© PC悩み解決.com , 2019 All Rights Reserved.